銀河系でいちばん尊い指先

岸くんにやさしい世界であれ

ラストレシピ〜麒麟の舌を持つ男〜完成披露試写会レポ(ネタバレないよ)







これだけは先に言っておく








舞台挨拶のベージュスーツ二宮くんがめためたかわいい!!!!!!(勝訴)




前髪伸びてちょうどいいし両耳かけかわいいし登壇者の中の誰よりもちんまりの主役激萌え!!!!!!!!!空から舞い降りた天使かな!?!?!?えっ、好きっ。(軽率)




この興奮が冷めないうちに完成披露試写会の二宮くん垂れ流します完全なる主観アンド自己満レポyeah〜〜


※映画の内容には一切触れずにレポします。が!内容はザツいよ!終始二宮くんがかわいかったって話しかしないよ?それでもいい?いいんだね?ほんとにするよ?





映画終了後、メインステージにあった巨大スクリーンがゆっくりと上昇していきそこから煙と荘重な音楽と共にキャストと監督が登場。緩やかな足取りで客席を見渡しながら手を振りレッドカーペットを歩いてセンターステージへ向かってくる姿は圧巻!!!

西島さんの左腕をとって手をブンブン振ってドヤ顔のにのわんことニッコニコの西島さんがめちゃくちゃ犬!!!!!カワイイ!!!!!芝犬の親子!!!!!
しっぽ振ってるにのわんこがチラついてこのお二人がカメラに抜かれるたびに全私が泣いた。

センターステージに到着するとキャストと監督全員でお辞儀してすぐにメインステージへ戻るんだけど、今度は綾野さんの左腕をとって手をブンブン振らせる二宮くんが二宮くんすぎてだな。


センターステージに戻ってからは監督キャスト一人一人からのコメント。(ニュアンスだけでも感じてもらえれば)

監督服部幸應先生とチームのみなさんが用意してくださった素晴らしい料理、自分が信じる日本映画の素晴らしいスタッフ、個性的で自分の美学を持った素晴らしい俳優のみなさんのおかげでやっと完成しました、ありがとうございました。』

二宮くん『本当にありがとうございます。皆さん映画はいかがでしたか?自分たちのコンサートでこのラストレシピの映画ってどういうものなの?ってよくメンバーから聞かれていて、僕はもう最初から最後までお料理エンターテイメントだよって。日本初のお笑いエンターテイメント、あっ!お笑いじゃない!お笑い(笑)お料理エンターテイメントだってふざけて言っていたんですけども。ふざけて言っても十分大丈夫だろうという仕上がりを信じていました。台本を読んでいるときも、撮影しているときも、自分が試写を観せてもらう時までそれを疑うことはなかったです。皆さんに観ていただけてよかったなと思います。本日はどうもありがとうございました。』

(他のキャストの皆さんのコメントは割愛しますすみません)

「個人的に心配なのは僕の風貌がああいう感じでしてR指定がつかないか心配でしたね(笑)」って答える綾野くんにすかさず「よかったね♡付かなくて♡」ってハートマーク飛びすぎな二宮くん・・・こぇええ・・・・

それと誰が見てもガッチガチに緊張しまくってる西畑くんに「めちゃくちゃ緊張してらっしゃる西畑大吾さん!一度深呼吸しましょうか!せーの!ハァー」って一緒に司会者が西畑くんと深呼吸する世界。それを菩薩のような顔で見守るキャストと監督。なんだこの優しい世界は。例にみず私自身も母親のような気持ちでがんばれ!大吾!って心の中でめちゃくちゃ応援してた。これだからヲタクはチョロい・・・



映画の中でここ気付きましたか?って注目してほしいとのろを答えるコーナーで最初に振られた二宮くんが「ここ気付きましたかぁ!?!?僕出てるの気付きました?」って通常運転の二宮くん炸裂で会場爆笑と拍手が湧いて「ああ!よかった!」って笑顔で綾野くんに近付くのカレカノかよ(怒り)
そのあとも結局ここ気付きました?の質問の答えが出ずに同じポーズで考える2人。司会者に「漫才コンビみたいになってますけど!?」っていわれる始末。夫婦漫才なら他所でやれ!!!


綾野さんと二宮さんは共演経験もあったので撮影現場も楽しかったんじゃないですか?って司会者の質問が聞こえなくて「ん?」ってなる綾野くんに通訳する二宮くんが「それと、二宮さんはとってもやりやすかったんじゃないですか?」って司会者が言ってないことまで上乗せするんだけど「やりやすかった♡」って二宮くんの目を見て答える綾野くんがマジで彼氏すぎてつらい(語彙力失う)


二宮くん「剛ちゃんのことは全面的に信頼してるので」
綾野くん「単純に好き」


相思相愛すぎてバカヤロウだよ!!!!!!!!!
そのあとも監督キャスト客席おいてきぼりにされるニノ剛のイチャラブ・・・・・(語弊がある)




(そのあとは映画の中身に触れた話なので割愛します)

最後に監督キャストから一言。

監督からは「満州時代の楊(よう)役の兼松くんはオーディションからがんばってくれました。是非覚えて帰って下さい」と言っていたのでここに宣伝しておきます。

そして「さっきの記者会見でニノがこの5人で次に映画を撮るなら何にしましょうという話がありましたが、出てくれるなら考えます。それはお約束して下さい。まぁ、事務所の意向とか関係なくやりましょう」と意気込んだ監督の言葉に「はい!」とうれしそうな顔をしながら固く握手する監督と二宮くんがとても印象的でした。

西畑くんは最初から最後までガッチガチだったので最後の一言でさえも上手くまとまらず、お母さんとケンカしたけどこの映画があったから仲直りしようと思ったというとっても10代らしい一言でしたはなまる。そしてこの映画をいろんな人にみてほしいと連呼しまくってて結局そのまま挨拶を締めたから、次に挨拶する二宮くんがたまらず「結果、いろんな人に観てもらいたいんだね!」って救いの手を差し伸べてましたはなまる。



二宮くんの最後の挨拶。(以下脚色されてる部分もあるかと思います)

『本日はありがとうございました。 今日お集まり頂いた皆さんはたぶん年齢も性別も性格も価値観も全然違う人たちが集まっていると思うんですけど。人間があたたかさを感じる温度って皆一緒だと思うんですね。 だからそれって、皆に家族があって、好きな人がいて、もしかしたら子供もいる人もいるかもしれないけど。 生きていくうちに経験していく人のあたたかさの温度って変わらないものなんだと僕は思ってます。 そこがこの映画には必ずあって、僕はそのあたたかさがこの映画の1番良いところだと思ってます。なので、それをいろんな人と、会場で、映画館で、はじめて会った人たちと共有していただけるとこの映画はすごくよろこぶんじゃないかなと思ってます。どうぞまた映画館に足を運んでください。そしてラストレシピを応援してください。本日はありがとうございました。』

二宮くんって消して自分の考えや価値観を決して押し付けたりしない。それが二宮くんのあたたかさであって優しさなんだよね。選ぶ言葉がどれも二宮くんらしくてうれしかった。



さて、挨拶も終わりweb用の撮影のために一旦キャスト監督全員はけて、5分後くらいにジャニーズ以外のキャスト監督が再び登壇してセンターステージで写真撮影会がスタート!モニター用のカメラに抜かれた綾野くんがカメラに向かって指差しファンサをするから客席が湧く!湧く!もはや私も綾野担になりかけた。(チョロい)

web用の撮影が終わってジャニーズ組が客席と客席の間の通路を通って登場!歩いてくる二宮くんにずっと右手を差し出す綾野くんと、その手を右手でがっちりつかんで固い握手をして左手で綾野くんの腰に手を回す二宮くんがプリンスとプリンセス並みに輝いていたので多分ラストレシピはニノ剛のラブストーリーだったのかもしれない(真顔)


WSなんかで使われる\この秋はー!?ラストレシピー!!!/をみんなで撮るんだけど、司会者が「練習しなくていいですか?一発本番で大丈夫ですか?二宮さん!」って聞いてて「練習?あ、ああ、練習!練習しなくて大丈夫です!そりゃ、練習は各自でやってよぉ!」って言いながらボソボソとひとり練習する二宮くんめちゃくちゃかわいい(号泣)
二宮くんにも『この秋はラストレシピ』を言ってくださいって注文だったんだけど「マイク使っちゃったらみんなの声聞こえなくなっちゃうよね?」ってその場で司会者と打ち合わせする二宮くんがめちゃくちゃ仕事人だった。こういうさり気なさが大好きなんだわ(ため息)





(*.゚ω゚)せーのっ!この秋は!!!


\ ラストレシピ〜〜!!!! /













誰かが喋ってる間ちょこちょこ右の腰と太ももの外側をポンポン叩いてたのですぐ心配しちゃう芸人です。後半からは左の太ももも叩いてたので腰きつかったのかな。だからちょいちょい綾野くんが手を出したりしてたのかなとか深読みしちゃう癖どうにかしたい